生命活性の機器と研究会 サイトマップ
心と身体の健康と美容、生命の活性化を目指して
生命活性(波動)機器 イキイキライフグループ 波動療法で体質改善 いきいきワールド、ショッピング
生命活性(波動)転写機器
生命活性(波動)転写機器の機能と特徴
生命活性(波動)転写機器の活用方法
生命活性(波動)転写機器の自然治癒力
生命活性(波動)測定機器
生命活性(波動)測定機器の機能と特徴
生命活性(波動)測定機器の活用方法
養成講座とレンタル研修
生命活性研究会
波動及び波動測定について
生命活性測定技術者養成講座
生命活性(波動)測定・転写の活用と実践
生命活性(波動)転写体験事例
会社概要
お問合せ

お酒と健康の不思議な関係

お酒は、大人の嗜好品として楽しまれる方が多いです。毎晩自宅で嗜む方、お祝いの席や仲間と集まった席で楽しむ方、お酒と合う料理と楽しむ方など、お酒の楽しみ方は人それぞれです。

またお酒は人それぞれ飲む量も違います。お酒は飲みすぎてしまうと二日酔いになったり肝臓を壊してしまったりしますが、東洋医学では健康のための薬として用いられるなど、不思議な関係にあります。ここではそのお酒と健康の不思議な関係についてご紹介します。

適量であれば百薬の長

東洋医学においてお酒は漢方の一つとされ、利用されています。単体だけでも利用されますが、他の漢方と組み合わせることにより、相乗効果でより高い効果を得られるものもあります。その漢方として利用されるお酒は身体を温めたり、胃腸を強化したりするとされています。

お酒により血行を良くして代謝を高めたり、胃を温めることで消化器の働きを良くしたりします。このお酒の効果を得るには冷たいお酒ではなく、温めて飲むことがポイントとなります。冷たいお酒だと気血が巡りにくくなるとされ、逆に身体に悪いとされるのです。

またお酒の種類によっても違いがあるとされ、お酒と健康の関係の深さを感じます。健康のために使われるお酒ですが、東洋医学では「有毒」と記した上で利用していることを忘れてはいけません。

飲みすぎれば健康を害するもの

お酒が有害なものとなるのは、飲みすぎた時です。お酒を飲みすぎてしまうとアルコールの処理を行う肝臓の働きが正常に行われなくなり、肝脂肪が溜まってしまって病気を引き起こします。何事も「ほどほど」が大切なのです。

おいしく楽しいお酒を飲み続けるには、量や飲み方に気をつける必要があります。健康的にお酒を楽しむのにおすすめなのが当社で販売している「波動測定機」や「波動転写機」です。

「波動測定機」は身体の健康情報を読み取るもので、「波動転写機」は、生命維持美容のために役立つ情報をあらゆる物質に転写・記憶することによりその人の生命力活性化に役立てるものです。

お酒を健康的に楽しまれる際にも活用出来ますので、「波動測定機」や「波動転写機」についての詳細を知りたい方、今注目されている波動療法についてのご質問がある方、波動測定機・波動転写機の販売についてのお問い合わせは、お気軽に当社までご連絡ください。

前のページへ戻る このページのトップ
Copyright(C) 2006 AMC Corporation All Rights Reserved.
MORE